技術訓練(14)2011/10/10 21:43

メニュー開発の一環として、パン教室を営む友人が焼いてくれた
数種のパンを食してみる。


パーカーハウス


パーカーハウス。
強力粉ではなく薄力粉を使う。
バターや卵も使わないので、軽い食感、
シェル型で、具材をたくさんはさめるのが特徴。

さっくりとした食感で、とてもおいしい。
このパンのメリットは、他のパンに比べ、コストパフォーマンスが良いところにある。
後日、冷凍したものも試してみたが、焼き立て同様の風味が味わえた。

ロースハムときゅうり、レタス、スライスチーズ、
もしくはBLT(厚切りベーコン、レタス、トマト、目玉焼き)等のメニューを試したい。


バタートップ

butter top

ミニ山形パン。

可愛らしいサイズ、物珍しい外観でひと目ウリになる印象、
味が濃く、非常に美味、また冷凍しても、外パリ、中もちの食感が見事に蘇る。

トーストして、はちみつやジャムとともに。

チェーン店のパンよりずっと、おいしい。
が、良質の素材を使っているので、それなりの原価が当然かかっている。

ポイントは、安定供給、価格とのバランスを恒久的にどう保つか、である。



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
明治、大正、昭和の次の時代は?

コメント:

トラックバック