単発ビジネスセミナー(6)2011/06/22 15:27

「個人法人の違いと開業のための準備」

主催:東京商工会議所 豊島支部
講師:湊義和氏(湊税理士事務所
受講者:約50名
受講料:無料

個人事業主として開業するための心構え、納めなければならない税金の種類、
法人の設立のしかた、利益が出た場合の個人法人の税比較等、
2時間半にわたって丁寧でわかりやすい講義が展開された。

特にポイントとなった、
利益が同額の場合、個人と法人でどちらが有利なのかについて記しておきたい。

◆個人事業主の場合の納める税金
 国税(個人所得税+消費税)+地方税(個人住民税+個人事業税)

◆中小法人の場合
 国税(法人税+消費税)+地方税(法人住民税+法人事業税)

個人所得税は所得に応じて税率が増える超過累進課税方式で、
5%から40%まで6段階に分かれている。

法人の場合は利益が800万以下の場合は22%、800万を超えれば一律30%の固定式

そこで両者の税金負担が所得金額≒利益によってどう変わっていくかを
比較したのがこの表だ。

税金比較表


税金比較表2


個人・法人の税率の分岐点は
所得金額≒利益が600万円を超えたとき
であることがわかる。

よくセミナーなどで手元に60万以上残ったら会社組織にした方が良いと聞くが、
その意味がようやくこの表を介して理解できた次第である。

この連続した、主催者の異なるセミナーを受講してみて勉強になったのは、
個人事業者の青色申告のしかたも多々あり、飲食店には飲食店に合った
会計ソフトを選ぶべき、ということで、大変有意義であった。


単発ビジネスセミナー(5)2011/06/21 12:27


「人を雇うために最低限やっておくべきこと、やらなくていいこと」
主催:サッポロビール株式会社
講師:黒部得善氏(株式会社リーガル・リテラシー代表取締役)
受講者:約20名
受講料:無料

サッポロビールは、家庭よりも外食で飲まれている割合が
他の会社に比べて多い方で、そのため、飲食店を大切にし、
トータルに支援することを事業として行っている。

サッポロビール開業サポートパンフレット


開業をサポートする無料セミナーはその一環で、数多く開催されている。

ポイントのみまとめておく。

人を雇うために最低限やっておくこと

・理念と行動指針を作成する
 自分の言葉できちんと伝えられるようにつくること

・労災保険には必ず入る

・未払い残業代対策をしておくこと
 雇用契約書を交わし、残業代について明記しておく


やらなくていいこと

・助成金はあてにしない

・社会保険、厚生年金は慎重に
 社会保険完備でないと人が集まらないのではなく、
 社会保険はなくても良いという人を集めるのである。
 個人事業の場合は、5人以上雇ったら社会保険加入が義務

・専門家に振り回されない
 飲食業には不向きの会計ソフトを税理士・会計士の推薦だからといって
 安易に導入しない。


全体に、個人飲食店を意識した講義でわかりやすかった。
サッポロビールの飲食店を大切にしている姿勢が顕著にあらわれている。

ビールやアルコールの提供は考え所だが、開業及び開業後のサポート等を
考慮すると、ビールを仕入れるならエビスという選択肢も出てくる。


単発ビジネスセミナー(4)2011/06/21 11:05

先週、立て続けに3本、ビジネスセミナーがあったので、ポイントを書き留めておく。

「数字で見る繁盛店の裏側」
主催:店舗そのままオークション(株式会社M&Aオークション)/株式会社アプリラボ
講師:菅野壮紀氏(アプリラボ)
受講者:10名前後
受講料:無料

繁盛している飲食店はFL管理を毎日行うことが原則。
食材原価(food)と人件費(labor)を日々入力管理することで、
累計でいくら黒字なのか、いくら赤字なのかが具体的な金額で見えてくる。

そのため、今月赤字になりそうだと思えば、仕入額を減らしたり、
アルバイトの人数を減らし、シフトを変えたりして、最終的に黒字にもっていくことが
容易になるのだそうだ。

そこでアプリラボ社の開発した数値管理ソフト「K1くん(けーいちくん)」を
使えば、レジ、売上・仕入管理、タイムカード、シフト作成、給与明細等を
連動させ、一元的に管理できますよ、飲食店向けにカスタマイズしてある
画期的ソフトですよ、というのがこのセミナーの本筋である。

売上管理系ソフトは、「弥生シリーズ」や「勘定奉行」等多々あるが、
レジとの連動、タイムカードとの連動はないそうだ。

FL値を日々入力する重要性は理解したが、私のような小さな個人事業主は
まずはエクセル管理で充分である。しかしながら、青色申告を考えると、
やがては既存の会計ソフトの導入を考えねばならないのだろう。



マーケティング・販売戦略セミナー(3)(4)2011/02/21 12:46

東京商工会議所主催
18:30-21:00
受講料:無料

第3回「創業者に必要なWEB活用」
講師:岩岡博徳(株式会社コンサラート代表取締役)

第4回「開業前に考える飲食店の経営戦略」
講師:飯島宗裕(ビーイットコンサルティング代表)

創業者のためのマーケティング・販売戦略を考える全4回のセミナーが完結。
ポイントをまとめておく。
まずは第3回のWEB活用について。

●自社のホームページの現状を知る
 無料のSEO対策解析サイト SEOTOOLS 
 これはSEO対策をどのように実施しているか、アドレスを入れれば教えてくれる
 サービス。競合他社の対策などを簡単に調べられる。

 将来、店のHPを立ち上げたときに役に立ちそうである。
 また、訪問者数を増やすにはカテゴリ登録をすることが必須で、
 グーグルは無料だが、最低限必要なYahooやJエントリーなどには
 有料でも登録が望ましいとのことであった。
 料金はYahooが52,500円、Jエントリーが36,750円。

アクセス解析をする
 グーグルアナリティクス 
 無料で設置でき、次のような項目が分析できる。

 ・平均ページビュー(一人当たり何ページ読んだか?)
 ・平均サイト滞在時間(サイトにどのくらい長くいたか?)
 ・直帰率(入ったと思ったら1ページだけ見て出て行った人は何割か?)
 ・新規セッション率(新しいユーザーの割合はどれくらいか?)
 ・どんなキーワードでサイトにきたか?

 このサービスはブログでも設置でき、早速、試してみたところ、興味深い発見が
 多々あった。

●ホームページのデザインを見直す
 人の目の動きは「F」。その目線にデザインが合っているかどうか。
 最重要項目はまず一番上のフレームに置くことがのぞましい。

 左から右へ、次に左上から下に行って欲しい情報が何も発見できないと、
 人はすぐそのサイトから離れてしまうのだそうだ。

無料のクラウドサービスを利用する。
 例えば、dropbox。WEB上のクラウドサーバーにファイルを保管することができる。
 これにより、インターネットを使える環境であれば、誰でもファイルを利用することが
 できる。デスクトップ上にフォルダを作っておけば、利用するたびに自動的に同期化も
 してくれる大変便利なサービスである。

大枠は以上。マーケティングや販売戦略のようなセミナーでは、観念論ではなく、今回のように実践例を具体的に紹介してくれるのがありがたい。

次に第4回(最終回)。

成功のための5つのポイント
1.「自分の視点」ではなく、「お客様の視点」で考える。
2.料理が美味しいのはあたりまえ。満足を提供するお店になる。
3.「弱み」がないお店ではなく、圧倒的な「強み」を持つ店にする。
4.「ファン」をつくる。再来店してもらうための“しかけ”を考える。
5.利益を出すためにはマネジメント(経営)が必須である。

その他、開店するまでの準備事項をまとめたレジメが配布された。
開業本等にも掲載されているものだが、1枚に良くまとまっているので、
写真を載せておく。

開店前の準備項目1

開店前の準備項目2



マーケティング・販売戦略セミナー(2)2011/01/28 11:09

東京商工会議所主催
18:30-21:00
受講料:無料 受講者:約90名 
講師:松嶌葉子氏

創業者のためのマーケティング・販売戦略を考える全4回のセミナー。
その第2回目。
「創業者に必要な広告・PR戦略」

パワーポイントのテキストは50ページもあったが、
ポイントのみまとめておく。

・最低限の告知物は必要。そのための予算をしっかりと組んでおくこと。
 ホームページ、名刺(ショップカード)、パンフレット、メニュー
 また、これらは制作に思ったより時間がかかるので、オープン日に合わせ、
 スケジューリングすること。

 こうした告知物関係だけでなく、コーヒー豆の包装バッグ、手提げビニール袋等、
 制作物は多々あり、きちんとまとめ、見積を取り、予算化しておく必要がある。

・ポスティングはあまり効果がない。
 →ターゲットを絞った売り込みをすべき。

・商店街の組合に加盟する
 →商店街MAPへの掲載、広報誌での紹介記事等
 杉並区にも商店街が連合する組織があり、広報誌を発行していることが判明。
 知らないことがたくさんあり、勉強になる。
 商連どっと.COM


・法人向けブログサービスをHPとする