コンサートのお知らせ2017/09/25 22:39

Variété Music Café Vol.19&20
第19回&20回ヴァリエテ・ミュージック・カフェ

今年も阿佐谷ジャズストリートにバラエティー会場として参加します。
今回はうちでははじめてのチェロが登場!


チェリストの山田菜々子さんは、スズキ・メソードのご出身で教室の先生もされているお方。

http://www.suzukimethod.or.jp/about/


当日はバッハの無伴奏チェロ組曲やイギリス組曲、フランス組曲、そしてヘンデルといった古典から、オペラ「フィガロの結婚」や ヴィラ=ロボス といったブラジルの作曲家の作品まで、実にバラエティーに富んだ楽しい演奏会になるに違いありません。


フルートの日野真奈美さんはトリオ・カルディアというユニットに参加されていて、CDも出されています。実は店でもよくかけています。

http://profile.ameba.jp/pino-flute/


というのも、そのトリオ・カルディアのメンバーの一人、ヴァイオリニストの星野沙織さんもうちで2回、ライブをやっていただいていて、ご縁があるからなのです。


すでにご予約を少なからずいただいており、人気の高さをものがたっています。



そして28日(土)の方は、当店3回目となる峰岸桂子さんのアルパとチャランゴマスターとして名高いルイス・サルトールさんによる南米フォルクローレの世界です。

ルイスさんの泣きのチャランゴは必聴、心にしみます。
峰岸さんのアルパ演奏はもちろん、民族衣装にも毎回注目なのです。

どうぞふるってご予約ください!






◎10月27日(金)


★フルート・日野真奈美★
幼稚園から大学院までを国立音楽大学附属で育つ。大学院修士課程において、成績優秀者に贈られる研究奨学金授与

第14回ヤマハ管楽器新人演奏会(銀座ヤマハホール)、第37回フルートデビューリサイタル(東京オペラシティリサイタルホール)、レインボウ21サントリーホール デビューコンサート等に出演。

第8回ウラジオストク国際音楽コンクール第1位。第13回万里の長城杯国際音楽コンクール一般の部第1位。2010年・2013年、パリ・ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団ジャパンツアーに参加。

2014年、所属ユニット・トリオカルディアのデビューCD『CONCENTRATION』パームツリーミュージックよりリリース。2016年サントリーホールで行われたコシノジュンコ主催「よみがえれ熊本城」にてソリストとして出演。

フルートを玉村三幸、大友太郎、野原千代、立川和男、佐久間由美子の各氏に師事。

現在、国立音楽大学演奏補助員。トリオ・カルディア、木管五重奏カラフル、フルートデュオ・カルメン、ハーツ・ウインズメンバー。オーケストラプレゼンターソロアーティスト。オーケストラの客演からスタジオワーク、ライブサポートなど幅広く活動している。

オフィシャルサイトhttp://www.hinomanami.com

★チェロ・山田菜々子★
7歳より、スズキ・メソードでチェロを始める。 
東京音楽大学に在学中、3年次に特待奨学金を受ける。

同大学を卒業後、国際スズキ・メソード音楽院指導者特別養成コースにて更に研鑽を積む。 

これまでにチェロを佐藤満、松波恵子、林峰男の各氏に師事。

◎10月28日(土)

★アルパ・峰岸桂子★
国立音大教育音楽科卒
横浜と名古屋で音楽教室を開き、ピアノ、声楽、音楽理論、ソルフェージュを指導。

1996年よりアルパをはじめる。トリオ・ロス・デルフィネスのリーダー、チューチョ・デ・メヒコ氏に師事、メキシコのレパートリーを中心にラテン音楽の心を学ぶ。

1998年より演奏活動をはじめる。東京、横浜を中心に、コンサート活動を行うほか、ホテルニューオオタニや東急リゾートホテル、その他多くのホテルのレストランやラウンジでの演奏や、レストランでのディナーコンサートに多数出演。

2002年より、横浜でアルパ教室を主宰、後進の指導に当たる。
ソロ演奏のほかに、アルパデュオ、アイリッシュハープとのデュオ、ギタリストとのアンサンブル、電子楽器との共演、フラメンコダンサーとの共演など、ジャンルの枠を超えた活動も積極的に行う。

2004年、2005年とパラグアイに渡り、マルティン・ポルティージョに師事。レパートリー、テクニックの幅を広げる。

2006年、テレビ朝日系で全国に放映された野坂昭如原作“戦争童話集”アニメ「焼け跡のお菓子」の効果音楽を担当。

2008年、メキシコのアルパハローチャの大家、アルベルト・デ・ラ・ロサに師事。

★チャランゴ/ギター・ルイス サルトール★

1952年、アルゼンチン共和国サンタ・フェ州に生まれる。
78年、ケーナの巨匠アントニオ・バントーハの日本ツアーのメンバーとして来日。 

85年、活動の拠点を日本に移し、以来ラテン音楽の魅力を日本に広めるべく活躍するマエストロ。マンドリン、チャランゴ、ギター、キーボード、パーカッションを自由自在に操り、シンガー・ソング・ライターとしても多彩な才能を発揮。

桑田佳祐が監督を務めた映画「稲村ジェーン」のサウンドトラックや、95年にグラミー賞「ベスト・ラテン・アルバム」にノミネートされたオルケスタ・デ・ラ・ルスのアルバム「ラ・アベントゥーラ」に楽曲を提供。

2002年、「FIFAワールド・カップ」でサッカー日本代表に送る応援ソングを作詞作曲し、「VIVA日本」をリリース。
音楽活動の傍ら、Inter FM(76.1MHz)のDJ、CMのナレーション、スペイン語の翻訳など幅広く活躍中。

著書に、画期的なチャランゴ教則本「チャランゴ・マスター」がある。
2007年には、株式会社コナミデジタルエンタテインメントより発売された「ワールドサッカーウイニングイレブン2008」で使用された音楽の作曲、編曲、プロデュースを担当。

2013年より拠点をアルゼンチンに戻し、チャランゴのスペシャリストとして活躍


#阿佐谷ジャズストリート2017バラエティー会場 日野真奈美 山田菜々子 スズキメソードチェロ科指導者 峰岸桂子 ルイスサルトール フルートコンサート チェロコンサート アルパコンサート チャランゴコンサート バッハ無伴奏チェロ組曲 バッハイギリス組曲 バッハフランス組曲 フィガロの結婚 ヴィラロボス 南米フォルクローレ


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
明治、大正、昭和の次の時代は?

コメント:

トラックバック