焼き肉屋のデザート2010/06/14 13:12


concert 01

社会科学者で大学教授である妻の友人のお誘いでコンサートへ。
久々のフル・オーケストラに酔う。
この日は、千住明がゲスト出演、NHKの大河ドラマ「風林火山」のテーマ曲が千住自らのタクトにより演奏された。

この曲を聴くと、市川亀治郎と内野聖陽を思い出す。ふたりとも芝居巧者で、特に市川の若いながら円熟味あふれる演技は、往年の市川雷蔵を彷彿とさせ、普段、時代劇など見ない私も、このドラマだけは毎週の放送を楽しみにしていたものだ。
演奏は、明らかな練習不足が露呈してしまったが、
今度はN響の奏でる同曲を生で聴きたいと感じている。
しかしながらメインの現田茂夫の指揮する演奏は良く、
この日の圧巻は、最後に演奏されたチャイコフスキーの序曲「1812年」であった。

concert 02


フルオケの威力をいかんなく発揮し、生の音楽会の持つ魅力を十二分に堪能でき、招待してくれた友人に心より感謝する次第である。
その後、夕食は東急プラザ裏の「ぶち」。豊富なホルモン系のメニューで知られる焼き肉店だが、この日は高校生のご子息もいたので、カルビやロースなどのいわゆる定番メニューを多く食した。

焼き肉ぶち

デザートでひとつ勉強になることがあった。
黒板に書かれたメニューのひとつに「クレーム・ダンジュ」なるものがあった。
クレーム・ダンジュとは何か?
「クリームもしくはクレーム・ブリュレ」なら耳にしたことも食べたこともあるが、「クレーム・ダンジュ」は誰もどんなものか想像できない。

クレーム・ダンジュ

さて、提供されたクレーム・ダンジュは、スプーンで容易に掬うことができないほどコチコチに固まっていた。

味はヨーグルトを凍らせ、甘味を加えただけの、いわゆるフローズン・ヨーグルトそのもののように思われたが、いや、かすかにチーズの味がするという意見もあり、疑念を残した。
さて、本格的な調査はまだだが、我が家にあった『カロリーで選べるチーズケーキ』では以下のように解説されていた。

クレーメ・ダンジュ レシピ

“クレメダンジュとはフレッシュチーズのフローマジュブランを使ったデザート。ふわふわと軽い口当たりで、とろけるような独特の食感が楽しめます。”

レシピは他に生クリーム、砂糖、メレンゲで、それらを軽く混ぜあわせ、冷蔵庫で水気を切る、とある。

楽天のようなネットショップでも多くの店舗が取り扱っており、記述も様々、セールスキャッチも多様である。

“フランス・アンジュ地方の伝統的なチーズ菓子”
“creme d'ange は天使(ange)のクリーム”
“神様のごちそうとも言われ”
等々……

今、流行しているチーズケーキの一種のようで、各店舗とも趣向を凝らし、ローカロリーや希少原料等をうたって差別化を図っている。
では、フロマージュブランとは何か? 
フロマージュ=チーズ、ブラン=白い、
つまり白いチーズ、熟成されていないフレッシュチーズのことをいうようで、作り方も様々、原料のミルクに羊のものを使うところもあるようだ。

ということで大変、勉強をさせていただいたホルモン焼き肉店のデザート「クレーム・ダンジュ」。
取り寄せや、フィールドワーク、技術訓練が必要とされる一品である。

アルパカ牧場2010/05/06 15:11


alpaca

那須のアルパカ牧場へ。中にはおよそ400頭が飼育されており、給餌することができる。
えさ代は200円。よく食べる。


アルパカの毛色は様々で、また色々な表情がある。


CMで一躍人気者になったアルパカだが、全てがこのような愛くるしい表情で、ふかふかの毛並みというわけではない。

牧場の出口近くに陣取っていた何頭かはあきらかに人相が悪く、
機嫌も悪かったのか、えさをあげている最中につばを吐きかけてくるものがいたので
要注意!! 



とはいえ、たいていのアルパカたちはおっとり、ゆるやかで見ているだけで人を癒してくれる。
日曜の午前中の訪問、混雑もさほどなく、アルパカと十分に遊べる良い牧場であった。


那須アルパカ牧場
〒329-3223 栃木県那須郡那須町大字大島1083番地
TEL 03-3982-5813 FAX 03-3982-5820
営業時間:AM10:00~PM16:00
定休日 :木曜日(木曜日が祝祭日の場合は営業)
入場料金:大人800円 中高生600円
子供400円(5才以上)