技術訓練(13)2011/09/26 10:59


ガトーショコラ、再々。

パン教室を開いている高校の同級生の家でコーヒーを楽しむ会を開くこととなり、
マリアージュとなるガトーショコラを持参し、味を評価してもらおうという試み。

レシピはイル・プルー・シュル・ラ・セーヌの教室のもので、
市販本『焼き菓子教室』とは異なる。

クーベルチュールチョコレートは無論、カカオバター、ココアパウダーに至るまで
チョコ関連は全てフランス・ペック社のものを使う。

ガトーショコラ材料


ガトーショコラ


焼きあがりは、今ひとつ。

くびれがあまり出ていない。膨らみがやや足りなかったようだ。
原因のひとつは、恐らくメレンゲづくりの失敗にある。

このケーキでは、あまり固くしっかりと角が立つまで卵白を泡立てないのだが、
そう狙っているわけでないのに、ふくらみが悪く、やわらかい、べシャッとした
メレンゲになってしまった。

原因は、ハンドミキサーの使い方、卵白を水溶化をしている時間がなかかったため、
キウイの裏ごしで対応したこと、きちんと冷やしていなかったこと等にあろう。

しかしながら、味は良く、パン教室の先生、参加した友人からも合格点をもらった。
細君は、やや、しっとり感がなく、ぼそぼそっとした舌触りが気になったようだ。
もう少し滑らかな仕上がりを目指したいところ。


また、シナモンパウダーとナツメグをほんの少量効かすのだが、
ナツメグは大いに主張するので、なくても良いかもしれない。

パン教室の先生からお土産で、コーヒーとのマリアージュということで、
ヘーゼルナッツとレーズンのパンを頂いた。

ヘーゼルナッツとレーズンのパン

クリームチーズやはちみつをつけて頂くと、驚くほど絶品。
ヘーゼルナッツの油脂分がパン全体に溶け込み、絶妙なうまみを引き出しているのである。

早速、メニューに加わっていただくこととした。
他にもサンドイッチ用のパンを仕入れたいと考えている。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
明治、大正、昭和の次の時代は?

コメント:

トラックバック